カメラをローンで買うって贅沢過ぎる?ローンの活用方法とは

高額なカメラ。いきなりそんな値段は払えない!そんな場合でも、ローンなら・・・。でも、ぜいたくすぎるのかな?そう思うあなたに知っておいて欲しい情報です。

カメラをローンで買う方法

カメラは、良い物であればあるほど、数万円はもちろん、数十万円にもなってしまいます。カメラ好き、写真好きのあなたなら、一度は撮影してみたい憧れのカメラがあるはずですね。そのカメラを、現金一括では難しくても、ローンなら、なんとか手に入るかも・・・と、ローンを検討したことがある方は多いかもしれませんね。

カメラをローンで買う方法は以外とたくさんあります。まずは、カメラを売っているお店でのローンです。ショッピングローンを申し込み・利用できるので、おなじみのお店にて、ローンの手続きをするとよいでしょう。

また、銀行では、おもしろいローンがあるところがあります。「一眼レフカメラを買うためのローン」という目的別ローンも。個性的ですよね。

カメラをローンで買うってぜいたく?

カメラは、そこまで高くないものも売っていますから、ローンで買うくらいの高級なカメラを買うのはぜいたく過ぎる、という意見もあるようです。確かに、車や住宅、教育などに比べたら、カメラは日常生活にはそこまで大切なものではないかもしれません。最近ではスマートフォンのカメラも高機能になっていますから、カメラをローンで買うなんてちょっとマニアック?と思われてしまうかもしれませんね。

ローンを賢く使えばぜいたくではない

ローンは、そもそも、欲しい商品を先に手に入れて、後からお金をゆっくり支払うというものです。その「時間を買う」というために支払うお金が金利です。ですから、ローンを使う人は、時間を買っているわけであって、そのことを理解していれば、決してぜいたくとは言えません。時は金なりという言葉もあります。

カメラのような高級品は、その高級なイメージから、ローンで買うなんてぜいたくだと思われるのかもしれませんが、ローンを賢く使う感覚さえあれば、決してぜいたく過ぎるとは言えません。要は、ローンをきっちり計画的に支払って、満足にカメラを使うことができれば、良い買い物をしたと言えるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【借りやすい!】キャッシングするならアコムより此処をおすすめっ! All Rights Reserved.